キャバクラでの演奏

2017年頃に半年ほどキャバクラでピアノ演奏していました。
30代の頃にキャバクラとか出来ればクラブで働いてみたかったけど出来なくて、この歳では無理だろうとあきらめていたので夢が叶ったと喜んでいました。

これだけは誤解があったら嫌だなと思って声を大にして言いたい。
女性達は性格も頭も良かったです。
(少なくとも私が居た半年間は)
とにかく機転が利いて話し上手な美人が多かったです。
日中は普通に仕事をしている人も半分くらい居たように思います。

多分みなさんが気になるのは金額だと思うのですが、私はキャバ嬢ではなかったのでお会計の伝票はなかなか見れませんでした。
ただ休憩時間にお客さんについていたので密かに予測することがあります。

20:00からピアノを弾き始めた時に来られた2人組の男性。
演奏後の休憩時間(30分)は彼らについてお酒をご馳走になります。
21:40頃、お会計していました。
要するに滞在時間1時間40分。
「今日は安かったよ。」と言ってお客さんから見せられた伝票には5万円を超える金額が書いてありました。

1杯いくらだよ? もうツッコミどころ満載・・・

私は22:00からの演奏をしながら
「きっとあのお客さんはボトルを入れたのだろう。」
と思うようにしました。
席によってテーブルチャージが違ったようですが安いと言われてる場所で1時間6,000円だった記憶があります。

タイミングが分からないけれどイチゴがキレイに飾ってある謎のフルーツ盛り が出てくる時があります。
美味しいフルーツですが問題は金額。
女性にアーンをされているあのイチゴは一体いくらなんだろう?
恐ろしや~~

ネットで調べると銀座クラブでは「10万前後必要」と書いていて、私が居たお店は銀座ではないけれど
「この前、13万払ったよー」と言うお客さんがいたので部下を連れていくならそれくらい持っていたほうが良いのかもしれません。

そして 女性が行くのもアリです。
上司に誘われたら社会勉強だと思ってぜひ行ってみてください♪
きちんとしたお店は女性のお客さんも楽しませてくれます。

問題もあったけど、多分もう経験できないだろうな。
熟女バーとかマニアックなお店だったら雇ってもらえるかな。

仕事が終わって帰り道、電車を待っている時に大きなピアスを外すのが日課でした。
分からないなりにもやってみて良かったです。


タイトルとURLをコピーしました